株はギャンブルなのか?

今現在株に興味があってもなかなか株を始める事ができない人も多いかと思います。
なぜならいくら投資に興味を持つ人が多くなったとはいってもまだ株をやる事にマイナスのイメージを持つ人がいるからです。

では、実際に株取引をする時はギャンブルなのでやめた方が良いのかというとそうではないです。
それは株取引自体はギャンブルではないからです。

それではどうして人によって株をやるのはギャンブルという風に言われるかというとそれは株取引の手法に問題がある人がいるあからです。同じ株取引でも人によっては明らかにギャンブルみたいなことをしている事があります。

そのせいで株取引をギャンブルという風に思う人もいます。
また、中には僅かのリスクも許容できない人もいます。

そのような人は預金以外興味がなく手持ちのお金が減る可能性があることを許せないです。
確かに株取引をやる以上投資なので損をする事はあります。

ですが、そんな当たり前のことを言って株をギャンブルと言ってバカにするのは間違いです。
株も安全に運用すれば十分やる価値があるからです。

もし、株取引をバカにすることがあるとすればそれは株取引をかなり危ない手法でやるような場合です。
そのような時はいくら株取引でもおすすめしないです。

なぜなら危ない手法で株取引をやると短期間で大きく稼げるチャンスもありますが、それと同時に大きく損をしてしまう事もあるからです。なので安易に危ない手法で株をやるべきではないです。

そこの認識は株にネガティブな考えがある人と同じような価値観ですが、長期的な運用で安全に株を運用するような場合は
積極的に株で運用すべきです。

確かにいくら安全に運用したところで絶対に損をしないという事はないです。
ですが、安全に運用していればかなり高い確率で利益を出す事ができますし、仮に何かあって損を出した時でも
被害を最小限に抑える事ができます。

また、株取引をやらない方が良いと思てっいる人は確実に損をしている事を自覚すべきです。
それはいくら預金だけして手持ちのお金が減らないでも時間が経つとお金の価値は減ります。

物価の上昇などで同じだけお金があっても同じ物をずっと同じ金額で買えなくなるので
知らない間にお金が減っている事になります。

そのような事になって結局お金の価値が減ってしまうと損をするので
お金をずっと預金しているくらいなら余剰資金で株をやるのがおすすめです。

その際には安全に運用してお金を増やしていくのが基本です。

タイトルとURLをコピーしました