FX投資詐欺の判断は難しい悩んだら専門家へ相談を

これまでFX投資詐欺の特徴や、被害に会いやすい経緯などについて記述してきました、ここで改めてFX投資詐欺の被害の特徴をまとめてみます。

主な特徴としては、「投資のメリットや利益についての強調」SNSなどで出会った相手から突然、投資に関する話を持ちかけられ、何度か連絡を取り合ったり逢瀬を重ねていくうちに、「投資」や「利益」に関する話を聞いていくうちに、最初は「怪しい」と感じていても何度か話を聞いていると「本当に自分も利益を出すことができる」といった固定観念が形成され、いつのまにか「必ず儲かる」や「成功する」という話をされれば、「いい投資話」という心理状態に陥りやすくなるのが特徴です。

次に、「結婚話」を持ちかけての投資話についてですが、出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った場合、中には真剣に結婚を考えている人もいます。
そのため、「本気」になってしまうという人は少なくないのです。
ちゃんと出会ったことがない中で、「結婚」と関連した投資話を持ちかけられた場合は注意する必要があります。投資詐欺の中で最も注意が必要なのが「判断を急がせる」ということです。

つまり、加害者側が被害者側に「投資に関する判断を急ぐように」と迫ってきたり、即決させようとその場で考える隙を与えないといった場合は、注意が必要です。

実際に詐欺に引っ掛かっていると感じていても、気づいたときには「抜き差しならない状態」となり、冷静な判断ができない場合がほとんどです。
本来ならば、信頼できる家族に相談するのが1番なのですが、「なかなか相談できない」のが現状です。

そんなときには、「弁護士」など法律の専門家に相談するのが望ましいといえます。
弁護士のなかには、「詐欺事件に強い」という人もいますが、多くの場合、専門的な知識を持っています。

自分では投資詐欺かどうかの判断が難しい場合でも、専門家の目線で適切なアドバイスを受けることができます。
実は、専門家への相談はが早ければ早いほど傷が浅くすむといわれています。相談するのに適している段階としては、「投資話」を聞いた直後です。

その段階では、まだ冷静な判断ができており、専門家立ち会いのもとで相手を説得することができるからです。多くの場合、SNS上での交流ですから、相手との距離を置いて、電話番号やアカウントなどを変更し、退路を断った上で弁護士に相談するのも選択肢としてはあり得ます。相手に逃げられる前に相談することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました